兵庫県認証食品について

兵庫県認証食品について

おいしい食材の宝庫ひょうご の発見

コウノトリ育むお米
兵庫県は、広大な県土を有し、地域特有の様々な里・山・海の幸(特産物)が数多く生産され る“おいしい食材の宝庫”である。ところが、昨今のBSEや鳥インフルエンザの発生、食品の 偽装表示等の一連の食品事件を契機に、食品に対する不安感や不信感が高まり、県産食品が持つ本来のおいしさ等が十分に評価されにくい状況があった。  こうした状況に対応するために、平成16年7月に「ひょうご食品認証制度」を創設。

制度の概要

現地確認・安全検査、書面審査・認証、生産・流通・消費の拡大


【1】根拠
食の安全安心と食育に関する条例(H18.4.1施行)
【2】申請対象
兵庫県産の農林水産物及びこれらを主原料として製造された加工食品
【3】認証基準
  • 『個性・特長』:環境に配慮した生産方法、品質等の個性や特長があること。
    次の、(ア)~(ウ)の何れかを確認できること。
    (ア) 生産方法に関する個性・特長がある。
    《環境への配慮等、生産者の努力及び工夫その他の生産方法》
    (イ) 味その他の品質に関する個性・特長がある。
    《旬、甘味(糖度)等、味覚に係る成分、食感その他の味に関係ある品質》
    (ウ) 県民から高い信頼を得られる個性・特長がある。
    《地域性(地域特産)、食べ方(調理方法等)、歴史 等》
  • 『安全性の確保』:食品衛生法等の法令基準が遵守されていること。
    ※申請段階及び小売段階で県が検査を実施して確認
  • 『安心感の醸成』:生産者が生産履歴を開示する仕組みを整備していること。
【4】実施体制
食の安全安心と食育に関する条例(H18.4.1施行)
  • 実施(認証)主体  兵庫県
  • ア: ひょうご食品認証制度推進委員会〈年2回(6月、3月)〉
    〔学識経験者、消費者、流通関係者、生産者、マスコミの代表で構成〕
    (ア) 審査基準、認証期間その他の重要事項の審議
    (イ) 県産食品の認証の促進方策の検討
    (ウ) 制度の適正な運営のための検討
    イ: ひょうご食品認証審査会〈年3回(7月、10月、12月)×4審査会〉
    前記委員会の下に、食品区分(農産物、畜産物、水産物及び加工食品)毎に設置。
    〔専門知識を有する実務者で構成〕
    (ア) 審査基準の検討(推進委員会の承認を要する。)
    (イ) 申請食品の技術的審査

認証マーク

兵庫県認証食品マーク

さらなる安全・安心の追求

安心感の醸成を高めるため、ひょうご推奨ブランドの審査基準に加えてロット毎の出荷記録等の整備ができている。 残留農薬等が国基準の1/10以下である等

個性・特長

・生産方法、品質等の個性・特長がある

安全性の確保

・食品衛生法等の法令基準遵守している
・新規申請及び出荷・小売段階で県が検査を実施して確認

安心感の醸成

・生産履歴を開示する仕組みを整備している。

兵庫県認証食品

1,624食品(H23年3月末現在)※食品の旬(出荷)等の時期に年複数回、審査・認証を行う。
農産物:968食品(うち、ひょうご安心ブランド農産物634、ひょうご推奨ブランド334)
畜産物: 45食品
水産物: 14食品
加工食品:597食品

※パソコンでカタログがご覧いただけます。

モバイル(携帯)サイト:

http://hyogo-agri.jp/mobile/

二次元バーコードを認識できる機種をお持ちの方は、こちらからアクセスいただけます。


このページのトップへ